<あのころ>パン給食を実施

米援助による栄養補給

©一般社団法人共同通信社

1950(昭和25)年8月14日、9月の新学期から東京、大阪、名古屋など8都市の小学校でパンによる完全給食の実施が決まった。米陸軍省の占領地域統治救済資金(ガリオア資金)の援助によるもので、128万人の児童がパンと脱脂粉乳などで栄養を補給。52年から全国に拡大した。

あなたにおすすめ