【コラム・天風録】寝苦しい夜

 寝苦しい暑さが多少和らいできたのだろうか。きのうは、クーラーを切っても夜風が涼しく、ゆっくり眠れたという人もいたようだ。昼間の日差しはまだきついが、秋は少しずつ近づいて来ているのではないか▲暦の上では立秋から1週間過ぎた。ことしもゲリラ豪雨に悩まされ、日本列島がすっぽり熱帯地域に入ったようにも感じる。それだけに、風や雲のわずかな変化に四季の移り変わりを実感できるのは、何だかうれしい▲眠りが浅くなってしまうのは、暑さのためだけではないだろう。例えば何かが気になって…。けんか腰の言い争いがエスカレートして、とばっちりがこっちに来たりしないか、とか▲大人に限った話ではない。お盆の帰省や家族レジャーを楽しんで気が付いてみると、夏休みは後半戦―。残った宿題に焦りを感じて寝付きが悪くなる子どもたちも少なくあるまい。ぐっすり寝て頭をすっきりさせてから机に向かうほか策はなかろう▲「熱帯夜」という言葉は先日亡くなった元気象キャスター倉嶋厚さんの造語だという。気象台によると9月まで暑さは続く。倉嶋さんのエッセーを読み直し寝苦しい夜をどう乗り切るか、ヒントをもらってみようか。

あなたにおすすめ