4~6月期のGDP年率4%増

11年ぶり6期連続プラス

画像
4~6月期のGDP速報値について記者会見する茂木経済再生相=14日午前、内閣府

 内閣府が14日発表した2017年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比1.0%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は4.0%増だった。プラス成長は6四半期連続で11年ぶりの長さ。輸出は4四半期ぶりに減少したが、設備投資と個人消費が堅調に推移して補い、内需主導で成長率は前期(年率1.5%増)から加速した。

 年率4.0%の成長率は15年1~3月期(4.8%増)以来の高い伸び。茂木経済再生担当相は会見で「率直に良い数字だと思う」とした上で「消費には力強さに欠けている面も残っている。政策的に補強したい」と語った。

あなたにおすすめ