夜通し熱気の輪 郡上・白鳥「徹夜おどり」開幕

 岐阜県郡上市八幡町の郡上おどり(国重要無形民俗文化財)と同市白鳥町の白鳥おどりは13日、徹夜おどりが始まった。"おどりのまち"の熱気は最高潮に達し、夜通しおはやしとげたの音が鳴り響いた。

 郡上おどりは県内外から約6万8千人(郡上おどり運営委員会調べ)が来場。市街地の通りは浴衣姿の踊り客で埋め尽くされた。踊り客は保存会員の名調子に合わせて軽快にげたを鳴らし、思う存分踊りを楽しんだ。

 白鳥おどりには、約1万6千人(白鳥おどり実行委員会調べ)が訪れ、幾重にも踊りの輪を広げた。

 徹夜おどりは、郡上おどりが16日までの4夜、白鳥おどりが15日までの3夜にわたり繰り広げられる。

画像
徹夜おどりの初日、踊り手でにぎわう通り=13日午後8時7分、岐阜県郡上市八幡町

あなたにおすすめ