郡山で軽自動車が理容店突っ込む 25歳女性、居眠り運転か

 13日午前5時5分ごろ、郡山市の理容店に同市の会社員女性(25)の軽乗用車が突っ込んだ。店内にいた店主の男性理容師(81)は左頬に破片を受け、女性は両膝を切り、それぞれ軽傷を負った。

 郡山署によると、女性が市道を走行していたところ右にそれ、理容店付近のアパート駐車場の軽乗用車に接触、そのまま店の壁を突き破った。女性は帰宅途中で、同署は居眠り運転をしていたとみて詳しい原因を調べている。現場はアパートや民家が立ち並ぶ住宅街。

 男性の妻(79)は「ガラスが割れる大きな音がして駆け付けたら、夫が顔から血を流していた。お客さんはたくさん入ってきたが、車が入ってきたのは初めて」と表情をこわばらせた。男性の息子(51)は「事故の連絡を受け駆け付けたところ、店がめちゃくちゃになっていて驚いた」と話した。

あなたにおすすめ