松山英樹は涙の敗戦に「気持ちの部分ももっと成長しないといけない」

画像
涙をこらえながらインタビューを受ける松山英樹(撮影:岩本芳弘)

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。2位タイから出た松山英樹は5バーディ・6ボギーの“72”でラウンド。スコアを1つ落とし、トータル5アンダー・5位タイで激闘を終えた。

松山は前半2つ伸ばし単独首位に浮上すると、10番で約6.7mのバーディパットを沈める。だが、11番からまさかの3連続ボギー。14番、15番で連続バーディを奪い、優勝に望みをつないだが、次の16番で約1.5mのパーパットを決められずボギー。さらに18番ではクリークに入れて万事休す。日本人初のメジャータイトルはならず、ラウンド後は珍しく涙を見せる場面もあった。

悔やんだのは3連続ボギーの始まりとなった11番。フェアウェイからの2打目を右に曲げてグリーン右ラフに。そこから1mに寄せたがパーパットが蹴られてボギーとなった。「ティショットでいいショット打ててたんで、もっといいプレーができるかなと思ってた時のセカンドが痛かった。難しくない状況からミスしてしまったのが、きつかったですし、ミスした原因はトップに立ったからというのは関係ない感じだったので、そのあとのアプローチとパットでしのげなかったのは痛かった。流れの悪くなる原因を作ってしまった」。次のホールでは木に当たる不運も重なり、一気に首位から陥落した流れを作った1ホールを悔やんだ。

それでも気持ちは切れていなかった。「13番のボギーでジャスティン(トーマス)がバーディ取って3打差になりましたけど、最後の3ホールは難しいですし、ピン位置的にもバーディ取れそうな気がしたんで、うまくいけばなという感じだった」。3連続ボギーでも上手く切り替えると、狙い通り14番から連続バーディ。1打差でクエール・ホローC名物の難関上がり3ホール、通称“グリーンマイル”へと入ったが「16番のティーショットでのミスと、まあパットのミスというか、入らなかったということで効きましたね」と唇を噛んだ。

独特の雰囲気だった。「日本ツアーでアマチュアでやっていたときのような緊張でしたね。気持ちの部分ももっと成長しないといけないし、自信を持って打てる技術がないのかなと思った」と松山。「これを経験したからといって克服できるものではないと思うし、その場数が増えていけば、それだけチャンスが増えているということだと思うので、その1回が当たるようにもっともっとチャンスを増やしたい」と語る。

「ここまで来た人はたくさんいると思いますし、これから勝てる人と勝てない人の差が出てくると思う。勝てる人になりたいなと思う。このギリギリのところでやれるのは楽しいですし、そこで勝てればなおさら楽しいと思う。これを次に生かしていきたい。何をすれば勝てるのか分からないですけど。一生懸命練習したいと思う」と話した日本の怪物。最後の「優勝に1番近づいた?」と言う質問に「最後の3ホールまで近いところにはいたんで、そういう意味では近づいたんじゃないかなと思います」とつないだ。

あなたにおすすめ