神村、菅生が3回戦へ

第7日、青森山田と済美も

©一般社団法人共同通信社

京都成章―神村学園 9回裏神村学園1死二、三塁、中里の三塁内野安打で三走田中祐がサヨナラの生還。捕手北田=甲子園
3回戦進出を決め、応援席に向かって駆けだす東海大菅生ナイン=甲子園
青森山田―彦根東 4回表青森山田1死一塁、左越えに2ランを放つ中沢。捕手條野=甲子園

 第99回全国高校野球選手権大会第7日は14日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、神村学園(鹿児島)東海大菅生(西東京)青森山田、済美(愛媛)が3回戦に進出した。

 神村学園は同点の九回1死二、三塁から中里が適時内野安打を放ち、3―2で京都成章にサヨナラ勝ちした。

 東海大菅生は中盤以降に加点し、高岡商(富山)を11―1で下した。東海大菅生は21年ぶりの勝利で、東京勢は夏170勝。

 青森山田は中沢の2打席連続本塁打などで6―2と彦根東(滋賀)に快勝した。

 済美(愛媛)は亀岡が2試合連続本塁打を放つなど津田学園(三重)を7―1で圧倒した。

あなたにおすすめ