性暴力の実態知って 中高生の声届ける 18、19日に「私たちは『買われた』展」

 「遊ぶ金ほしさ」といったイメージもある“JKビジネス”などで生き延びてきた女子中高生らが写真や文章で生の声を伝える「私たちは『買われた』展in Okinawa」(同実行委員会主催、Tsubomi、一般社団法人Colabo企画)が18、19の両日、宜野湾市で開かれる。虐待や性暴力を受けた少女たちの支援活動を続けるColaboにつながる少女たち自身が企画し、昨夏の東京を皮切りに全国で巡回展を続けている。実行委員長の上野さやかさんに同展の意義を聞いた。(聞き手・黒田華)

 ―開催する理由は。

 「実行委員は子どもや女性に関心を持ちNPO、行政、医療、マスコミなどで活動する有志。性被害は被害者にも非があると思われ、声を上げにくいことを日々実感している。生の声を聞く機会にしたかった」

 ―県内でも若年者買春の逮捕者が続いている。

 「報道に出るのは氷山の一角。実行委員からは『沖縄もとても多い』『東京よりひどい』という声も聞く。『どこかの問題』ではなく、男子の被害を含め身近にあり得る問題だ」

 ―売る側ではなく買う側を意識させるタイトルだ。

 「『買われる』という表現がどぎつい、子どもには見せられないなどの反発も聞いた。実態を知らないままイメージで臭い物にふたをしたい人がいると感じる。買う人を変えるのは難しいが、周囲の人たちが現実を知って変われば買う側にも影響する。タイトルに引っ掛かった人はまず見に来てほしい」

 ―期待することは。

 「性被害には事実を知らないままイメージで語る“神話”が多い。実態や背景を知る機会にしたい。子どもたちには、力になりたいと動く大人がいることを知り、つながってほしい」

あなたにおすすめ