TBS担当部長を書類送検

危険ドラッグ所持容疑

©一般社団法人共同通信社

 危険ドラッグを所持したなどとして、警視庁久松署は14日、医薬品医療機器法違反と傷害の疑いで、TBSテレビ(東京)のメディアビジネス局担当部長の男性(51)を書類送検した。「海外出張の際に購入した」などと容疑を認めている。

 書類送検容疑は6月8日、東京都渋谷区の自宅や勤務先のロッカーで指定薬物の成分を含んだ液体入りの小瓶数本を所持したほか、4月上旬には都内のホテルで危険ドラッグとみられる液体を、インターネット上で知り合った30代女性の顔にかけ、約1週間の軽傷を負わせた疑い。

 女性からの被害相談を受け、久松署が6月、自宅と職場を家宅捜索、小瓶数本を押収した。

あなたにおすすめ