〔大気不安定〕九州北部で局地的に非常に激しい雨のおそれ(8/14)

東シナ海にある停滞前線があす15日にかけて九州付近にのびだしてくる影響で、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。長崎県五島ではきょう14日朝、猛烈な雨が観測された場所があります。
九州北部地方では15日朝にかけて、局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。低地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

■気象概況
【記録的短時間大雨情報】
<長崎県>
・約110mm:西海市平島付近(~14日08:20)

※数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した場合に、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表。近くで災害の発生につながる事態が生じていることを意味している。自分の身を守ることを第一に行動を。

【1時間雨量】
・長崎県  頭ヶ島   99.5mm(~14日08:15)<8月1位>
・長崎県  有川    56.5mm(~14日08:08)
・長崎県  小値賀   30.5mm(~14日08:02)

【24時間雨量】
・長崎県  頭ヶ島   118.5mm(~14日10:20)
・長崎県  有川    69.5mm(~14日10:20)
・長崎県  小値賀   58.0mm(~14日10:20)

■今後の見通し
【予想最大1時間雨量】
(14日)
・80mm:長崎県
・50mm:福岡県、佐賀県
・40mm:山口県
・30mm:熊本県、大分県

(15日)
・70mm:熊本県
・60mm:福岡県、佐賀県、長崎県、大分県
・40mm:山口県

【予想最大24時間雨量】(~15日12:00)
・180mm:長崎県
・150mm:福岡県、佐賀県、大分県、熊本県
・120mm:山口県

◆用語解説
「非常に激しい雨」
・1時間50~80mmの雨、滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。土石流が起こりやすくなったり、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込むなど、多くの災害が発生するおそれが。

「猛烈な雨」
・1時間80mm以上の雨、息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じるような状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。大規模災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

あなたにおすすめ