美保、県勢16年ぶり8強入り 全日本学童軟式野球

画像
3回戦・猪川―美保 3試合連続で完投した美保の西稜=小野路球場

 「小学生の甲子園」高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(新日本海新聞社など主催)は13日、神宮球場などで3回戦8試合が行われ、鳥取県代表の美保少年野球クラブが猪川野球クラブ(岩手)に快勝し、準々決勝に進んだ。県勢の8強は16年ぶり。

 美保は初回、相手のミスに乗じて2点を先制。1点差に迫られた六回に1死満塁と攻め、荒川の三塁内野安打、蛭子と西稜の連続押し出し四球で3点を加えた。西稜は3安打1失点で3試合連続完投。最終回には無死の走者を併殺するなど、無失策の守りも光った。

 美保は14日の準々決勝で大会初の3連覇を目指す長曽根ストロングス(大阪)と対戦する。

 ▽3回戦(小野路球場) 猪 川(岩手) 000 001 0=1 200 003 ×=5 美 保(鳥取) (猪)仁田―千葉(美)西稜―荒川

あなたにおすすめ