季節外れの雪遊び、子どもら笑顔 ウインズ米子

画像
真夏の雪遊びを楽しむ子どもたち

 来場客に「涼」を感じてもらおうと、鳥取県米子市大崎のウインズ米子は13日、芝生広場に真っ白な雪 原を登場させた。子どもたちは真夏の太陽の下で季節外れの雪遊びを楽しんだ。

 約15トンの氷を専用の機械で細かく砕いて雪にし、ホースから放出。広さ約100平方メートル、積雪20センチほどの雪原を作り出した。子どもたちは、おもちゃを掘り当てる宝探しゲームや雪合戦で遊んだ。

 母親や友達と来場した森大樹君(9)=加茂小3年=は「暑い夏に雪で遊べて気持ちよかった。宝物も見つかった」と笑顔だった。

あなたにおすすめ