久松山に鎮魂と供養の「大」文字 15日まで点灯

画像
久松山の山頂に浮かび上がった大文字=13日、鳥取市永楽温泉町

 鳥取市の久松山の山頂付近に13日夜、約2千個の発光ダイオード(LED)を点灯させてつくる「大」の文字が浮かび上がった。15日まで毎晩点灯する(14日は午後6時半~同10時、15日は同~深夜0時)。

 東日本大震災の犠牲者を鎮魂しようと市民有志でつくる「久松山を考える会」(亀屋至郎会長)が2011年のお盆シーズンに開始し、今年で7回目。鳥取地震や鳥取大火などの災害犠牲者の追悼とご先祖の供養の意味も込めている。

 文字の大きさは縦25メートル、横20メートルほど。亀屋会長(66)は「東日本大震災の記憶を風化させないよう、新たな賛同者を募るなどしてこれからも末永く続けてきたい」と話している。(中村宏)

あなたにおすすめ