夜空に「未来」描く いなわしろ花火大会

画像

 猪苗代町の「いなわしろ花火大会」は13日、町運動公園で開かれ、約3000発の花火が夜空を彩った。

 町や猪苗代観光協会などでつくる実行委員会の主催、福島民報社などの後援。東日本大震災からの復興などを目的に2011(平成23)年から毎年催している。

 「未来」をテーマに、音楽に合わせたスターマインや大玉などを次々と打ち上げた。多くの帰省客らが大輪の花火に見入っていた。

 打ち上げ前には会場で「それいけ!アンパンマンショー」やご当地キャラクターのステージを繰り広げた。

あなたにおすすめ