雨でも盛況、登別のテーマパークでイベント多彩

画像

 夏休み真っただ中の13日、登別市内のテーマパークでは、多くの家族連れでにぎわった。あいにくの小雨交じりの天候だったが、登別ならではのイベントに笑顔と歓声が広がっていた。

 のぼりべつクマ牧場(登別温泉町)では、ヒグマの生態について飼育員が解説。今回はボスグマがテーマで、同牧場で雄グマ界のボスを決める争いを紹介。動画などでけんかや背こすりの様子、2013年(平成25年)から、ダイキチが5年連続でボスの座に就いた背景などを説明した。来場者は知られざるストーリーに目を輝かせていた。

 登別マリンパークニクス(登別東町)では、トレーナーがイルカの上に乗るパフォーマンス・イルカサーフィンや、イルカが目の前で大きくジャンプして豪快な水しぶきを上げるスプラッシュに大きな歓声が沸き起こった。

 登別伊達時代村(中登別町)では、夜の江戸で恐怖体験を楽しむ肝試しなどのほか、各劇場での演目に多くの来場者の笑顔が広がっていた。

 各施設では夏休みに合わせてさまざまなイベントを行っている。問い合わせは各施設へ。のぼりべつクマ牧場は電話0143・84局2225番、登別マリンパークニクスは同83局3800番、登別伊達時代村は同83局3311番へ。 (石川昌希)

【写真=ボスグマ誕生までの経緯などを学ぶ来場者=のぼりべつクマ牧場】

あなたにおすすめ