おんな城主 直虎:第32回は視聴率12.0%で自己ワーストから上昇

画像
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で主演を務める柴咲コウさん

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第32回が13日に放送され、平均視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。自己ワーストの数字となった前回の10.6%から上昇した。

 「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎が、男の名で家督を継ぎ、今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守りながら、生き延びていく……というストーリー。

 第32回「復活の火」では、信玄(松平健さん)と家康(阿部サダヲさん)による今川攻めが避けられない状況になる中、政次(高橋一生さん)は氏真(尾上松也さん)の信頼を得ることに成功する。政次と裏で手を結ぶ直虎(柴咲さん)は、徳川の遠江侵攻に協力する代わりに井伊家を復活し家臣の列に加えてほしいと家康に願い出る。そんな中、ついに武田による駿河侵攻が始まる。破竹の勢いに今川国衆の寝返りが相次ぎ、氏真は絶体絶命の危機を迎える……という展開だった。

 「おんな城主 直虎」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

あなたにおすすめ