今週のコード・ブルー:現場でフェローが診断ミス? 妊娠中のはるかは倒れ… 15分拡大

画像
「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」第5話のワンシーン=フジテレビ提供

 俳優の山下智久さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(毎週月曜午後9時)。14日放送の第5話は、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助にあたっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入り、白石恵(新垣結衣さん)とフェローの名取颯馬(有岡大貴さん)、新人ナースの雪村双葉(馬場ふみかさん)が出動する。

 現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介さん)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也さん)をヘリで救命センターに搬送。初療室で吉崎の治療をしていると、妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未さん)の様子がおかしいことに雪村が気づくが、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまう。一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し、翔北救命センターに戻される。倉田の状態を判断した名取は動揺するが……というストーリー。15分拡大で放送される。

 「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」は、ドクターヘリをテーマにした人気ドラマの約7年ぶりとなる新シーズンで、山下さん、新垣さん、戸田恵梨香さん、比嘉さん、浅利陽介さんらが再び集結。医師、看護師として10年を超えるキャリアを積んだ5人が人生の新たな局面に立つ……という物語。

あなたにおすすめ