ブルーベリーのリキュール発売

画像

 赤磐酒造(赤磐市河本)は、市内産のブルーベリーを使ったリキュールを発売した。爽やかな甘さが特徴で、オンザロックや炭酸水割りで飲むのがお勧めという。

 今年収穫したばかりのブルーベリーを蒸留酒に漬け、着色料は使わず鮮やかな紫色に仕上げた。アルコール度数は11%以上12%未満。300ミリリットル入りで600円(税抜き)。9月末ごろまでの期間限定で、社内の直売店で販売している。

 同社は観光ツアーで訪れる外国人らをターゲットに、モモやイチゴなど岡山県産果実を活用した酒のシリーズを開発しており、今回が第7弾。

 生本滋春社長は「ブルーベリーは抗酸化作用があるとされるアントシアニンが豊富。健康志向の人にも食前酒などとして楽しんでもらえれば」と話している。問い合わせは同社(086—955—0130)。

あなたにおすすめ