瀬戸内振興、若者ら120人が熱く発表 今治で「バリチャレ」

画像

 サッカーFC今治の岡田武史オーナーを学長に若者のチャレンジ精神を育むワークショップ「バリチャレンジユニバーシティ」(実行委員会主催)の発表会が13日、愛媛県今治市旭町2丁目の今治地域地場産業振興センターであり、全国の高校・大学生、社会人ら約120人が11日から練り上げた瀬戸内地域の活性化プランを披露。柔軟な発想とひたむきさで一般を含む聴衆約350人の喝采を浴びた。

あなたにおすすめ