不法移民政策で加州も提訴

トランプ政権に、シカゴに続き

 【ロサンゼルス共同】トランプ米政権が不法移民に寛容な政策を取る「聖域都市」を狙い、移民対策の政権方針に従わなければ治安対策の補助金を停止するとした措置は憲法違反だとして、カリフォルニア州とサンフランシスコ市が14日までに、セッションズ司法長官に差し止めを求める訴えを起こした。州担当者が同日明らかにした。

 イリノイ州シカゴ市が7日に同様の訴えを起こしており、聖域都市を巡る訴訟がさらに広がった。

 司法省は7月末、連邦政府の移民対策担当者が尋問のため地方の刑務所に自由に出入りできることなどを補助金交付の条件とすると発表した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。