ネイマール選手、親善大使に

紛争などの障害者援助PR

画像
記者会見するネイマール選手=15日、ジュネーブの国連欧州本部(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】対人地雷の被害者支援活動で知られる国際非政府組織(NGO)「ハンディキャップ・インターナショナル」は15日、サッカーのフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール選手(25)を親善大使に任命したと発表した。サッカーの世界的スーパースターの起用により、紛争や災害で障害者になり経済的に苦しむ人たちへの援助の必要性を広くPRする狙いだ。

 ジュネーブの国連欧州本部で記者会見したネイマール選手は「任命され、大変光栄だ。支援になるのなら何でもやりたい」と抱負を述べた。

あなたにおすすめ