サイバー捜査リアルに体験

千葉県警、大学生らを研修

サイバー捜査の研修会で、押収パソコンの解析を体験する参加者=16日、東京都府中市

 サイバー攻撃に対応できる若者を育てようと、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)などが東京都内で開いている合宿「セキュリティ・キャンプ」で16日、千葉県警の警察官によるサイバー捜査の実践的な研修会があった。

 キャンプは22歳以下が対象で、サイバー捜査の研修には大学生ら10人が参加した。家宅捜索をしたり、押収パソコンを解析したり、捜査をリアルに体験できる内容で、2004年から毎年開催しているキャンプでは初の試みという。

 IT企業のサーバーに不正アクセスがあり、個人情報が盗まれたという設定で、学生は2チームに分かれて捜査した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers