錦織圭が今季残りを全て欠場

右手首腱を断裂、手術なし

錦織圭

 【ニューヨーク共同】男子テニスで世界ランキング9位の錦織圭が右手首の腱を断裂したため、四大大会最終戦の全米オープンを含む今季残り全試合を欠場すると16日、マネジメント会社が発表した。手術の予定はないという。

 2014年全米オープン準優勝で27歳の錦織は右手首の痛みに悩まされ、3月下旬のマイアミ・オープンで悪化させ、5月のマドリード・オープンでも再発し準々決勝を棄権。今週のウエスタン・アンド・サザン・オープン(米シンシナティ)も欠場していた。

 マネジメント会社によると、シンシナティでの練習でサーブを打った際に本人が手首から「ポン」という音を聞いたという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。