民進木内氏が離党届提出

「小池新党」連携模索か

©一般社団法人共同通信社

民進党の木内孝胤衆院議員

 民進党の木内孝胤衆院議員(比例東京)は18日午後、党本部に離党届を提出した。小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員が次期衆院選に向け設立を検討している新党への参加を模索するとみられる。党執行部は受理せず、今後取り扱いを協議する方針だ。

 7月の東京都議選後、民進党に離党届を提出したのは、藤末健三参院議員、細野豪志元環境相、横山博幸衆院議員に続き4人目。代表選の告示を21日に控え、離党の動きが相次いでいる。

あなたにおすすめ