内田がシャルケ退団濃厚と報道

仲介人は「数日で結論」

シャルケの内田篤人(ゲッティ=共同)

 【ケルン(ドイツ)共同】ドイツの大衆紙ビルトは19日付で、サッカーの同国1部リーグ、シャルケの内田篤人が18日に移籍仲介人の秋山祐輔氏を伴ってクラブ幹部と去就について話し合い、退団が濃厚になったと報じた。既にテデスコ新監督が内田に対し、右サイドのレギュラー争いが厳しく出場機会を得るのは難しいと伝えたという。

 秋山氏は退団も選択肢としてクラブ側と話し合ったことを認め「シャルケに残る、残らないも含め、選手にとって何がベストか考えて数日で結論を出したい」と述べた。

 29歳の内田は2010年7月にJ1鹿島からシャルケに加入。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。