大宮、攻撃に迫力欠き鳥栖に0―3 カウエ、苦しい展開嘆く「集中力修正して」

 攻撃に迫力を欠いた大宮は、イバルボが2ゴール1アシストと爆発した鳥栖に0―3で敗れた。

 序盤から鳥栖の激しい守備に苦しめられた大宮は前半44分、原川のスルーパスに抜け出したイバルボのゴールで先制を許した。

 後半15分には再びイバルボにネットを揺らされると、同29分にも原川にダメ押し点を奪われた。

■追い掛ける展開、いら立ち隠さず/カウエ

 前半終了間際に先制を許し、「しっかり締めないといけないところで失点してしまった」と苦しい展開を嘆いた。「ビハインドがあると試合運びも変わる。抑えるところは抑えなければいけない」といら立ちを隠さなかった。

 「自分がこのチームに来てからの試合も、もっとやれるという感触がある。完全にやられた試合は少ない」と話し、「一つのボールに対する集中力を修正していかないと上にはいけない」と表情を引き締めた。

あなたにおすすめ