トピック熊本のニュース

お札の山に大興奮!?

菊陽町で「お金の教室」

画像
熊本第一信用金庫の職員(中央)に教わりながら、模擬紙幣の札束を数える子どもたち=菊陽町

 子どもたちにお金の大切さを知ってもらう「夏休み お金の教室」が20日、菊陽町の光の森町民センターで開かれた。親子11組33人が参加。模擬紙幣の山に目を丸くしながら、お金について学んだ。

 熊日武蔵ケ丘販売センターが、熊本第一信用金庫の協力で開催。紙幣や硬貨のデザインに関するクイズに挑んだり、お小遣い帳の使い方を習ったりした。

 職員から紙幣の数え方を教わった子どもたちは、悪戦苦闘しながら挑戦。1億円分の重さを体感する授業では、約10キロの模擬紙幣を抱えて大興奮していた。武蔵小5年の村上弥栄さんは「お札を扇形に広げて数えるのは難しかった。これからお金を大切に使います」と話した。(酒森希)

あなたにおすすめ