レスリング、泉は4回戦で屈す

世界選手権、屋比久らも敗れる

画像
男子グレコローマン71キロ級4回戦でモルドバ選手に敗れた泉武志(左)=パリ(共同)

 【パリ共同】レスリングの世界選手権は21日、パリで開幕して男子グレコローマンスタイルの4階級が行われ、71キロ級で今年のアジア選手権覇者の泉武志(一宮グループ)が初戦の2回戦でインド選手、3回戦でトルコ選手を下したが、4回戦でモルドバ選手にテクニカルフォール負けした。

 75キロ級の屋比久翔平(ALSOK)と85キロ級の松本篤史(警視庁)は3回戦、98キロ級の奈良勇太(日体大)は初戦の2回戦で敗退。日本勢は4人とも敗者復活戦に回れずにメダルを逃した。

あなたにおすすめ