中国企業が西尾抹茶の商標申請

愛知の地元生産者、異議申し立て

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 中国企業が愛知県西尾市周辺の抹茶を「NISHIO MATCHA」として、中国で商標登録の申請をしていたことが23日、分かった。地元生産者でつくる「西尾茶協同組合」は21日付で、中国商標局に異議を申し立てた。組合関係者は「粗悪品が西尾の抹茶として扱われると、ブランドが損なわれる」と危機感を強めている。

 西尾市や同県安城市は全国有数の抹茶産地として知られ、輸出も拡大している。組合によると、中国の南京では、現地企業が西尾の抹茶をかたり、複数の店舗を構えているという。

Curated by

47NEWS

47NEWS

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。