藤波、レスリングフリーで銅

世界選手権最終日

©一般社団法人共同通信社

男子フリー70キロ級3位決定戦 ジョージア選手(下)を破って銅メダルを獲得した藤波勇飛=パリ(共同)

 【パリ共同】レスリングの世界選手権最終日は26日、パリで男子フリースタイル4階級が行われ、70キロ級で初出場の藤波勇飛(山梨学院大)が銅メダルを獲得した。フリースタイルでは57キロ級を初制覇した高橋侑希(ALSOK)に続いて二つ目のメダル。

 日本勢は男子グレコローマンスタイルで金1、女子で金4、銀1、銅1、フリーで金1、銅1の計9個のメダルを手にした。

 藤波は1回戦からの3試合を勝ち上がり、準決勝で敗れたが、3位決定戦でズラビ・エルボソナシビリ(ジョージア)にテクニカルフォール勝ちした。

あなたにおすすめ