ユニバ、Hマラソンで男女とも金

台北大会第9日

©一般社団法人共同通信社

陸上男子ハーフマラソン 1時間6分9秒で優勝した片西景=台北(共同)

 【台北共同】ユニバーシアード夏季大会第9日は27日、台北などで行われ、ハーフマラソンで男子の片西景が1時間6分9秒、女子の棟久由貴が1時間13分48秒でともに金メダルに輝いた。男子は表彰台を独占し、工藤有生が2位、鈴木健吾が3位に入った。女子の福居紗希が3位。日本選手団の金メダルは史上最多の30個となった。

 ゴルフは悪天候で最終ラウンドが中止となった。大会は54ホールに短縮され、第3ラウンドを終えて首位に2打差の2位だった比嘉一貴が銀メダルとなった。団体男子は金メダルを獲得した。

 サッカー男子準決勝で日本はメキシコと対戦。

あなたにおすすめ