レスリング男子フリー陣が帰国

世界選手権で金、銅各1個

画像
世界選手権で獲得した金メダルを手にする高橋侑希(左)と銅メダルの藤波勇飛=28日、羽田空港

 レスリングの世界選手権で金、銅各1個のメダルを獲得した男子フリースタイルの日本代表が28日、開催地のパリから羽田空港に帰国し、日本勢36年ぶりの世界王者となった57キロ級の高橋侑希(ALSOK)は「少しずつ実感が湧いてきている」と喜びを語った。

 日本は同一大会で初めて男子グレコローマンスタイルとフリースタイル、女子の3スタイルを全制覇。高橋は「(他スタイルの活躍に)刺激された。フリーも負けてられないぞと、いい意味で切磋琢磨できた」と感慨に浸った。

あなたにおすすめ