ヘイト、人種差別にノー

LAで音楽イベント

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら
27日、米ロサンゼルスで音楽イベントに参加した故マイケル・ジャクソンさんの長女パリスさん(AP=共同)

 【サンフランシスコ共同】米音楽専門チャンネル「MTV」が27日、ロサンゼルスで年1度の音楽イベントを開いた。出演アーティストらが白人至上主義を非難したほか、トランプ大統領が入隊禁止との方針を掲げる、心と体の性が異なるトランスジェンダーの現役米兵らが招かれるなど、政治色の強いショーとなった。

 イベントは「ビデオミュージックアワード」。米メディアによると、故マイケル・ジャクソンさんの長女パリスさんは「暴力や憎悪犯罪(ヘイトクライム)、差別は絶対に容認できない。私たちは抵抗しなければならない」と強調、バージニア州で起きた白人至上主義者らによる暴力を非難した。

あなたにおすすめ

Curated by

papers