室蘭の特任広報官に坪川氏と清水氏、市が委嘱状を交付

©株式会社室蘭民報社

 室蘭市は28日、新制度の「室蘭―特任広報官」に就任する映画監督の坪川拓史氏(45)と室蘭工業大学教授の清水一道氏(55)に委嘱状を交付した。

 特任広報官は本年度から創設。各界で活躍する市内在住者に出張や講演などで胆振管外へ出向く機会を利用して、市のPRやイメージアップをしてもらう。特任広報官の名刺を持参した人が室蘭を訪れると、指定された施設で特典が得られる。

 市役所で行われた交付式では、青山剛市長が両氏に委嘱状と名刺を手渡した。坪川氏は「国内外の映画祭で上映する予定がある。映像でPRしていきたい」、清水氏は「これから島根に出張する。名刺を早速使わせていただく」と語り、青山市長は「今まで以上に取り組みや魅力を発信する力を高めたい」と期待を掛けた。 (有田太一郎)

【写真=室蘭―特任広報官の委嘱を受けた坪川氏(左)と清水氏】