卓球男子の森薗が連覇

ユニバ、金37個で1位

©一般社団法人共同通信社

卓球男子シングルスで優勝した森薗政崇=台北近郊(共同)

 【台北共同】ユニバーシアード夏季大会第11日は29日、台北などで行われ、卓球男子シングルスで森薗政崇(明大)が決勝で台湾選手を4―1で破って2大会連続で金メダルを獲得した。森薗は28日の男子ダブルスと合わせ2冠を達成した。

 テニスの混合ダブルスは上杉海斗(慶大)林恵里奈(福井県体協)組が決勝でスロバキアのペアに2―0で快勝し、金メダルを手にした。

 サッカー男子決勝は日本がフランスに1―0で競り勝ち、3大会ぶり6度目の優勝を遂げた。日本は今大会で37個の金メダルを獲得し、夏季大会では史上初めてとなるメダル獲得ランキング1位を確定させた。

あなたにおすすめ