「20代で結婚したい」が最多

厚労省の中3意識調査

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省は30日、昨年15歳(中学3年)になった子どもに「いつごろ結婚したいか」と尋ねると「20代」と答えた子どもが男子で41.9%、女子で60.2%に上り、一番多かったとする調査結果を発表した。

 調査は「21世紀出生児縦断調査」と呼ばれるもので、2001年生まれの子どもに毎年、質問を続けることで、本人や家庭環境の変化などを把握するのが目的。中学1年だったころの調査は、結婚意識に関する質問に約2万7千人が回答。今回の調査は同じ子どもの回答を集計・分析した。

あなたにおすすめ

Curated by

papers