対話「解決策ではない」

米大統領、北朝鮮に圧力

トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は30日、日本列島越えの弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対応に関し「対話は解決策ではない」とツイッターに投稿した。現在は話し合いや交渉の段階ではないとの見方を示し、圧力を一層強める姿勢を強調した。

 トランプ氏は「米国は25年にわたって北朝鮮と対話し、金をゆすり取られてきた」とも書き込んだ。米国が過去に実施した核施設無能力化作業のための費用拠出や、食糧支援などを指しているとみられる。

 北朝鮮が7月下旬から1カ月近く弾道ミサイル発射を控えていたことで、トランプ氏は緊張緩和への期待を示していたが、態度を硬化させた。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。