日米首脳が再電話会談

北朝鮮へ圧力強化で完全一致

トランプ米大統領との電話会談を終え、記者の質問に答える安倍首相=31日午前0時12分、首相公邸

 安倍晋三首相は30日深夜、トランプ米大統領と電話で会談した。日本列島上空を通過する弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対応を巡り再び協議し、圧力を強めていく必要があるとの認識で完全に一致した。

 会談後、首相が公邸で記者団に明らかにした。首相は「圧力を高め、北朝鮮が政策を変えていくため連携したい」と強調した。「今後の対応でトランプ氏と完全に一致した」とも述べたが、内容は明かさなかった。

 両首脳は29日早朝の発射から約3時間半後にも電話で会談した。首相と韓国の文在寅大統領との会談や、北朝鮮側が中距離弾道ミサイル発射訓練と報じた内容を踏まえ、改めて協議した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。