住所を不正入手、一目惚れと告白

姫路市の元臨時女性職員

 兵庫県姫路市は31日、元臨時職員の女性(42)が今年6月、住民基本台帳システムの端末を不正に操作して同市の20代男性の住民票をプリントアウトし、住所を入手していたと発表した。7月に女性が男性の自宅を突然訪れて手紙を渡したことで発覚。女性は直後に退職した。市は個人情報保護条例違反の容疑で姫路署に告発した。

 姫路市によると、女性は7月16日午後11時半ごろ、男性宅を訪れ「一目ぼれしました」などと書いた手紙を手渡した。

 居合わせた婚約者の女性が同18日、「市の個人情報を利用したのではないか」と市に連絡。市がシステムの履歴を調べた結果、不正操作が判明した。

あなたにおすすめ