若狭氏「民進と協力考えない」

小池都知事の側近、代表選受け

 小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員(無所属)は1日、前原誠司新代表を選出した民進党と、自らが年内設立を目指す国政新党との連携に関し「民進党は今後、国民の支持を劇的に得ることはなく、衰退していく。協力は考えていない」と明言した。国会内で記者団の質問に答えた。

 同時に、今回の代表選を受け、民進党から細野豪志元環境相に続く離党者が出る可能性を指摘。「基本的な政策で考えが一致し、離党してくるのであれば(新党に向けた)協議を重ねることはあり得る」と強調した。

 若狭氏は細野氏や、民進党に離党届を出して除名された長島昭久元防衛副大臣らと話し合いを続けている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。