障害者スノボ、初出場の山本6位

ニュージーランドで開催のW杯

障害者スノーボードのW杯、バンクドスラロームで6位だった山本篤=トレブルコーン(共同)

 【トレブルコーン(ニュージーランド)共同】障害者スノーボードのワールドカップ(W杯)は2日、ニュージーランドのトレブルコーンでバンクドスラロームが行われ、パラ陸上男子走り幅跳びの山本篤が初出場し、9人で争った大腿障害で1分32秒48の6位だった。

 3回のレースでベストタイムを競ったが、トップとは25秒以上も離され、昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックの銀メダリストは「もっと滑り込むしかない。技術面など改善の余地がある」と実力差を痛感した。

 今季の成績次第では、来年の平昌冬季パラリンピックへの道が開ける可能性もある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。