BRICS首脳が核実験非難

パリ協定履行を要求

©一般社団法人共同通信社

中国福建省アモイ市で開幕したBRICS首脳会議=4日(共同)

 【アモイ共同】ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議が4日、中国福建省アモイ市で開かれ、6回目の核実験を行った北朝鮮を強く非難し、温暖化防止の枠組み「パリ協定」の全面履行を全ての国に要求する「アモイ宣言」を採択した。

 トランプ米大統領が自国優先の保護主義的な通商政策を進める中、議長国、中国の習近平国家主席は演説で「保護主義に反対する」と表明、宣言も保護主義に「断固として反対し続ける」と明言した。

 また、朝鮮半島の緊張に「深刻な懸念」を表明。問題解決には全ての関係国による直接対話などを通じた平和的手段しかないと訴えた。

あなたにおすすめ