メダカ、繁殖期に色識別能力向上

基礎生物研・名大チームが調査

©一般社団法人共同通信社

CGのメダカを壁面に映した実験のイメージ

 メダカは繁殖期の夏になると、冬に比べ色を識別する能力が向上していることが4日、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)と名古屋大のチームの調査で分かった。研究結果は同日、英科学誌に発表された。

 心理学では、人間の色に対する感覚が季節ごとに変わることが分かっている。基礎生物学研究所の吉村崇客員教授(動物生理学)は「さまざまな動物に保存された現象だと推測される」と分析している。

 チームは、水温と光を照らす時間によって冬の環境と夏の環境をつくり、冬に慣れたメダカを夏に移したところ、色を認識するための網膜のタンパク質「オプシン」が増加することが判明した。

あなたにおすすめ