使用済み核燃料税条例を新設 伊方町 使用済み核燃料1キロ当たり500円

 四国電力伊方原発が立地する愛媛県伊方町は5日、原発敷地内に保管する使用済み核燃料に課税する「使用済み核燃料税条例」を9月定例議会に提案すると発表した。町は年間3億870万円の税収を見込んでおり、町議会の議決と総務相の同意を経て2018年度からの導入を目指す。

あなたにおすすめ