「DVD=1」 カントリー・ガールズ『カントリー・ガールズ コンサートツアー2017春〜ももちイズム〜』 ももちイズムの継承セレモニー

©株式会社全国新聞ネット

カントリー・ガールズ『カントリー・ガールズ コンサートツアー2017春〜ももちイズム〜』

 アイドルのなかで、ときどきタレントとして突出する子がいるけれど、彼女はそのなかでもさらに突出した存在だったのではなかろうか。かわいいけれど無難では収まらない、攻めを貫いた一人の女性、「ももち」こと嗣永桃子がついに、2017年6月30日をもって引退してしまった。

 本作には、そんな彼女が6人組アイドルユニット「カントリー・ガールズ」(ももち引退後は5名)として2017年5月に行ったコンサートの模様が収録されている。

 このユニットでももちは「プレイングマネージャー」という役職(!)を与えられているだけあり、歌う様子を見ても明らかに他のメンバーとは年の差を感じる。というかプロフィルを見て驚いた、メンバーの半数以上が2000年以降に生まれている……! そのパフォーマンスに若干日々の人間関係がどうなっているのか不安になったころ、掛け合い漫才のような「ももち先輩いじり」のMCがはじまった。

 ある一人を攻撃したりからかう格好で笑いを生む、いわゆる「いじり芸」には賛否あり、私もあまり好むところではないが、その必死の掛け合いを見ていたら、いままさに彼女たちは懸命に「ももちイズム」を継承しようとしているのだな、と、いじらしくさえ感じてしまった。ユニットをけん引し続けたももちというキャラクターの余韻を、彼女がいなくなった後もグループのなかに取り込んでいこうとしているのだ……。そう思うと本作はもはや、アイドルDVDであり人間ドラマである。ああ、ももちのこれからに、そしてカントリー・ガールズの面々に幸多かれ。そう祈らずにいられない。

(zetima・4000円+税)=玉木美企子

あなたにおすすめ