園児からO157やO26

長野・茅野、計20人

 長野県は6日、同県茅野市内の保育所に通う1~6歳の園児19人と職員1人の計20人から腸管出血性大腸菌O157やO26を検出したと発表した。うち園児4人が一時入院したが、全員が快方に向かっているという。

 県によると、園児6人と職員1人がO157、園児12人がO26、園児1人が両方に感染していた。菌は8月2日~9月6日に検出。期間が長いことから食中毒ではなく、感染者の便や菌がついたものに触れて感染した可能性が高いという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。