園児からO157やO26

長野・茅野、計20人

 長野県は6日、同県茅野市内の保育所に通う1~6歳の園児19人と職員1人の計20人から腸管出血性大腸菌O157やO26を検出したと発表した。うち園児4人が一時入院したが、全員が快方に向かっているという。

 県によると、園児6人と職員1人がO157、園児12人がO26、園児1人が両方に感染していた。菌は8月2日~9月6日に検出。期間が長いことから食中毒ではなく、感染者の便や菌がついたものに触れて感染した可能性が高いという。

あなたにおすすめ