イラン大統領に対北で結束要請

自民・高村氏

イランのロウハニ大統領(右)と会談する自民党の高村副総裁=6日、イラン大統領府(代表撮影・共同)

 【テヘラン共同】自民党の高村正彦副総裁は6日昼(日本時間同日午後)、訪問先のイランの首都テヘランで、安倍晋三首相の特使として、ロウハニ大統領と会談した。核実験を強行した北朝鮮への対応を巡り、国際社会が結束して圧力をかける必要があるとして、協力を要請。大統領は支持を表明する一方で「お互いに脅し合う形では解決しない」とし、対話が必要だとの認識を示した。

 大統領は「(北朝鮮が)核大国になることは望んでいない。やれることはきちんとやりたい」とも語った。高村氏は会談で、首相の親書を手渡した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。