米大統領、債務上限撤廃も

共和党反対、実現は不透明

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は7日、法律で決まっている連邦政府の債務上限は「必要ない」と述べ、撤廃を目指す考えを表明した。しかし、上限撤廃は政府に野放図な借金を許すことになる。財政規律を重んじる与党の共和党が反対するのは必至で、実現の可能性は不透明だ。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に表明した。議会執行部との6日の会談で撤廃の可能性を協議したことも明らかにした。政府支出の拡大に前向きな野党の民主党にも協力を求める方針だ。

 米国では債務残高が上限に近づくたびに与野党が駆け引きの材料に利用し、引き上げは難航。こうした事態を避けるのが撤廃の狙いだ。

あなたにおすすめ