【J1展望】浦和×柏|柏木はあってもベンチ入りか。柏は代表勢の活躍がポイントに

©株式会社日本スポーツ企画出版社

J1リーグ25節
浦和レッズ-柏レイソル
9月9日(土)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
8位(24節終了時):勝点39 12勝3分9敗 52得点・40失点
 
【最新チーム事情】
●マウリシオは復帰濃厚、柏木は?
●ACL川崎戦もあり人選の難しさ。
●矢島のセットプレーにも期待。
 
【担当記者の視点】
 9月はリーグ戦で柏、磐田、鳥栖と1巡目に敗れた相手との対戦が続く。槙野は「借りを返さなければいけない」と、勝負の月に意気込んでいる。
 
 ルヴァンカップで足首を痛めたマウリシオは復帰濃厚だが、柏木は合流も試合復帰には疑問符。あってもベンチ入りか。中3日でACL川崎戦を迎えるため控えの人選も難しいところだ。梅崎の調子も良いが、駒井とどちらかはスーパーサブとしてベンチに控えると見られる。
 
 堀監督就任から起用が続く矢島はセットプレーのキッカーも務め「そこで点を取れたら楽になる」と話す。精度の高いキックでゴールを導きたい。
https://ad.doubleclick.net/ddm/trackclk/N6494.3070497SOCCERDIGESTJP/B11108327.204552900;dctrkaid=404292703;dctrkcid=80445183;dclat=;dcrdid=;tagforchilddirectedtreatment=

J1リーグ25節
浦和レッズ-柏レイソル
9月9日(土)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
柏レイソル
今季成績(24節終了時):4位 勝点46 14勝4分6敗 37得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●前節までリーグ全試合に出場してきた中谷が今節は出場停止。代役は鎌田が濃厚。
●中村とキム・ボギョンがワールドカップ予選から帰還。いずれもワールドカップ出場権獲得に尽力した。
●中断期間中は、戦術の再確認と個々のクオリティの向上に努める。
 
【担当記者の視点】
 日本代表の中村、韓国代表のキム・ボギョンとも6日に日本に帰国し、翌日からチームに合流した。いずれも9か月後のワールドカップ本大会を見据え、「所属クラブでの活躍が代表につながる」と、リーグ戦に向けて今まで以上に高いモチベーションを抱く。
 
 前回対戦では、中村がビッグセーブを連発して完封に成功した。今節はディフェンスリーダーの中谷が出場停止とあって、浦和の強力アタッカー陣を抑えるためには、再びこの守護神の活躍が欠かせない。
 
 さらに今夏に加入したキム・ボギョンは、前回対戦になかった攻撃のアクセントとなり得る。埼玉スタジアムで約6年ぶりの勝利へ向けて、ふたりの代表選手が鍵を握りそうだ。

あなたにおすすめ