司法判断尊重と韓国大統領

徴用工問題で安倍首相に

 【ソウル共同】韓国政府高官は8日、文在寅大統領が安倍晋三首相と7日に会談した際、韓国内で戦時中の元徴用工らによる日本企業を相手取った損害賠償請求訴訟が続いている問題を巡り、司法判断を尊重する考えを示したことを明らかにした。文氏は「(裁判所で)合理的な結果が出るだろう」と発言した。

 一連の訴訟の上告審で最高裁は確定判決を出さない状態が続いている。文氏の発言は最高裁の確定判決を待つ姿勢を示したものだ。

 韓国政府高官は、徴用工問題が「韓日間の最重要懸案になることは好ましくない」との認識を両首脳が共有していると指摘した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。